2007年11月18日

『医龍2』CARTE.6

『医龍 Team Medical Dragon2』
KARTE06
「もう1人の天才外科医…」



というわけで、
あらためて。



今回は、
傲慢な暴れん坊血管外科医・外山(@高橋一生)のエピソード。


流れはざっとこんな感じ。
(って、また懲りずにやるのかッ?<爆>)


・朝田(@坂口憲二)が執刀するベンタール手術のチームに、自分の名前がないことに不満を訴える外山。

・「お前には医者として足りないものがある」
朝田の答えに、中坊並みにキレる外山誠二、30才(笑)。

・そんな外山が、実は著名な教授の息子だと視聴者に教えてくれるのは、マイフォーク&ナイフ持参で社食に来る、すっかりキャラクターの変わってしまったちびっこME(@中村靖日)と、
フレッシュなんたらライブ出場を目指す、世渡りの上手さだけでいずれ教授になれそうな気がするちびっこ研修医・伊集院(@小池徹平)。

・朝田が手術を執刀する当日。
急患が搬送されて来る。

・その、朝田の執刀を強く希望する五代明代(@草村礼子)を、外山は一存で受け入れ、
朝田と同じ大動脈弁置換手術を、
朝田より30分短い時間で成功させてしまう。

・手術の翌日、感謝しきりの患者主人の前で、そりゃもう鼻高々な外山。

・受け取った飴を後で捨てるに違いないと思ったアタシは、外山以下の人間でしょうか。
(-_-#)

・一方、片岡(@内田有紀)は病院の修繕費25万を認めず。
これが後々、二重三重の衝撃とドラマを生むことに。

・その頃、明真では‥‥。

・本日の野口教授(@岸部一徳)の名言、その1。
「とれびあ〜ん♪」
(生体肝移植を成功させた鬼頭教授(@夏木マリ)に対して)

・なぜそんな屋外で練習してるんだ?伊集院。
そしてなぜ、それを木陰(?)で見守ってんだ?木原(@池田鉄洋)。

・本日最大の衝撃的事実発覚。
木原センセーは天パだった!<爆>

・台風襲来。
藤吉センセー(@佐々木蔵之介)、その肩たたき棒はちょっと(笑)。

・誰もが帰宅を諦める暴風雨の中、颯爽と歩き出す小高(@大塚寧々)が素敵。

・と、これまた雨風もろともせず小高を待つ、アヤしい影あり。

・場面は院内へ。
珠子先生、もとい、五代さんに昔の想い出を語る外山。

・父も兄達も優秀な一家の落ちこぼれ。自分だって決してできないわけではないのに、どうしても認められない、越えられない壁。
そんな中、
近所に住むおばあちゃんだけが、何をしても褒めてくれたこと。
そこが唯一の逃げ場だったこと。
一つの飴を通して、五代さんにおばあちゃんを重ねて心情を吐露する外山。

・感動的な場面なのに、高橋一生が誰に似てるのか議論が勃発する、誰もがKYなめいさん宅。

・「外科医は腕一本で勝負だから」
「しょせん、人間、独りでしょ?」
強がる外山に、
五代さんは諭すような笑顔で言う。

・「人間なんて、一人じゃなんにもできない。
周りに生かされて生きているのよ」

・珠子せんせぇ〜〜(泣)。
(だから違うって)
(ちなみに“珠子先生”とは『Shall we dance?』の珠子先生です)

・父親に電話をかける外山。
が、結局素直になれず、切られてしまう。

・やりきれない思い、苛立ち‥‥爆発させた後、背中で泣く高橋一生の演技に我が家が泣いた(狭っ)。

・しかし‥‥、

・五代さんの容態が急変、

・しかも院内の電気が落ちたッ!
25万をケチったばかりにぃ〜〜ッ!!

・さてその頃。

・停電に見舞われるほどの暴風雨すら感じさせない、小高と荒瀬(@阿部サダヲ)の再会。

・チームには入らないという小高に向かって、らしくないキャラで荒瀬が叫ぶ。
「まだ、あのことにこだわってんのか?」
以降、次週を待て。
(-_-)/

・そしてまた場面はICUへ。

・五代さんの心停止が、大動脈弁を装着した部分からの出血と判明。
急ぐあまり、無理に弁を剥した自分の手術ミスだとわかり、パニックに陥る外山。

・いやぁ、五代さんが死んじゃうぅ〜っ。

・外山、伊集院、ME、オペ看、そして院長。
絵的にも、ゴールデンタイムとしてこれで大丈夫なのか‥‥。

・あらゆることでドキドキし始めるアタシ。

・そこに、朝田が登場ッ!
救世主来たァ〜〜っ!!

・と思ったら、患者を移動させる際、鉄扉に挟まれかけた子供を助け、朝田は右手を負傷。おーまいが〜っ↓↓

・呆然とする外山に朝田は言い放つ。
「その人は、お前を信頼して命を託したお前の患者なんだ」
「お前には責任がある。最後まで、そこから逃げるな!」

・物凄い決めゼリフなのに、あちこちから空気の漏れる音がする、KYなうえに失礼な我が家。
(-_-#)

・緊急用の電力も尽きる中、懐中電灯を照らす仲間の励ましに応え、再置換手術は成功。
覚醒した外山は、初めてチームの意味を知る。
めでたしめでたし♪

・と、思ったら、

・げっ、外山が心臓に手を突っ込んだ。

・新たな病巣発見。

・「どう思う?朝田」
「この人を助けるためには今、バイパスをするしかないんだ!」

・どの外山がどの口でそんなことを言う‥‥。
(-_-#)

・藤吉センセー、発電係として参上。

・間に幾度も挟まれるauのCMで、
「誰でも良かったのぉ〜〜〜」
と言われるのを目にした後だけに、切なさ倍増である。

・全ての手術が終了。その瞬間、タイミング良く電気がついた時の微かな気恥ずかしさには、気付かないフリをしておこう。
(-_-#)

・なぜ再手術になったのかと責める患者家族に対して、外山は自分のミスだと土下座して謝罪。

・すっかり改心してしおらしくなったと思ったら、

・「俺をチームに入れろ」
入れろ、ってアンタ。
(;^_^A

・「第1助手でも、第2でも第3でもいい。
(略)
そしたらきっと‥‥執刀医を譲りたくなる」
ツンデレ来たわァ〜〜♪
ヽ('ー'#)/

・「エクセレント♪」
明真で、野口教授が名言その2を発している頃、

・執刀医も知らぬうちに五代さんが退院。

・お礼の手紙と、お手製の紙箱に入れられた飴を大事そうに抱える外山。ちくしょー、可愛いじゃねーかよ。
(;_:)

・そんな外山から、なんたらライブに出損ねた伊集院へのプレゼントは豚の心臓。

・2年前に、自分はぶっちぎりで優勝したという自慢も忘れません。

・お坊ちゃんはもちろん片岡にもタメ口。
片岡が野口と組んで、北洋を潰そうとしている計画に言及し、
「お前らの思い通りにはいかせねぇよ?」
いやっほぅ〜♪
かっこえぇぇ〜〜〜っ♪♪(壊)
ヽ('ー'#)/

・という、
ハラホロヒレハレなアタシの脳内を、

・「スーパードクターっ」(←笑顔と裏腹な棒読み)

・一瞬にして停止させた破壊力抜群の声<爆>

・スーパードクターっていったい?
果たして、この波動砲少女は何者?
数々の謎(とツッコミどころ)を含んで次回に続く!

・というわけで、
今回わかったこと。

・基本形が“端正なクドカン”の高橋一生は、
笑うと酒井美紀寄りになり、
檄高するとバナナマンが取り憑くらしい。

・どうやらアタシは、とことんツンデレに弱いらしい。

・今回の視聴率は17.6%。

・次回は、他局で葬儀屋も運営中の飲んだくれ消化器医(@佐藤二朗)が中心に。
予告での手術場面、荒瀬が麻酔医、外山が助手に入っていたのにも要注目。
次回も、バレーボールのため番組開始時刻が変更になる可能性あり。
ご予約になる方は、くれぐれもお気をつけて!



ということで、


本と演出の緻密さでは、前回の方が出来が良かったのかな?
という気はするものの、情に訴える部分は強かったか。
そしてもう、
翌日一気に検索数が増えたことが全てを物語っているだろう。
高橋一生の独壇場だった。
本に力があれば、その本に相応しいキャスティングをすれば、こんな風に結果はついて来るんだよ‥‥というのは、ええ、今だから言えることですとも(苦笑)。

MEの中村靖日にも言えることなのだが、決して華やかな人ではない。
あちこちで見ていた気はするのだが、ここまでの彼に対する印象は、
“普通の役を普通に手堅くやれる”
人。
唯一、おっ!と思ったのは、
『相棒』
で、殺人犯へと洗脳されて行く青年役を見た時くらいで、
(『怪奇大家族』は、アタシが見た時には、室井滋の一人勝ちだったんだよぅ)
こういう激しい、エキセントリックなキャラクターを演じるイメージはあまりない。

『医龍』というのはご存じの通り、手術シーンが多いため、目で語らねばならないことが少なくない。
その点で、坂口憲二や阿部サダヲのような、強い光を持つ目が生きるのだが、もともとの目ではなくあくまで演技で、喜怒哀楽、感情の強弱、揺れを表現し、
本が言わんとしていること全て、もしくはそれ以上に伝えてくれたのは凄いと思った。
だからだろう。
私は、二度目に見た時の方が、より心を揺さぶられた。

いるもんだよ、
プロの役者って。

確かに(特に民放は)、視聴率・スポンサーとの兼ね合いもあって、数字が取れる名前のある人を重用しなくちゃならない事情はあると思う。
昔なら、
そこをねじ伏せるプロデューサーや脚本家がいたのだろうが、残念ながら、今はそんな時代ではない。
けれど、
本にしても演出にしてもSEにしても役者にしても、プロの仕事を見たいし、そういう作品に出会えたら、幸せです。

それは、
舞台にも言えることなんだけどね‥‥。
posted by めい at 17:40| Comment(0) | TrackBack(1) | TV | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

医龍 KARTE:06
Excerpt: 高橋一生祭りのKARTE:06です。 では、どこがそんなに好きかについて。 ま、いいじゃん、言わせてよ#%D:225%# 一生さんの目の演技が好き。 ちょっと不安げな表情を..
Weblog: nene mode
Tracked: 2008-01-17 22:45

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。